×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

読者の皆様へ(2013.5.2)

 今回ばかりは「え、なんだって?」で済ませるわけにもいかないので、ちょっとだけ長いですが飛ばさず読んでもらえるとありがたいです。

 エキストラ募集の告知からバレるという非常にダサい(作品のキーワードである「残念」という言葉は使いません)ことになってしまいましたが、現在、拙著『僕は友達が少ない』を原案とする実写映画作品の制作が進行しております。

 実写映画化のオファーが来たのは2011年の6月で、テレビアニメ第一期の制作も順調で、人生で最もポジティブだった時期のことでした。
 個人的には『はがない』は実写に向いた内容ではないと思っているので、オファーがあったとき反対か賛成かで言えばはっきりと反対でした。が、当時ライトノベル業界の未来に強い危機感を抱いていた僕は、「小さなパイを奪い合い、せっかくの優れた作品や作家が次々と埋もれていくような現状を打破するには、市場に新しい人を呼び込むための(漫画化やアニメ化やゲーム化以上の)大胆な動きが必要なのではないか」という考えから、相当迷いながらも許諾を出したと記憶しています。
 二度のテレビアニメ放送を経た今現在の自分がどう思っているかについては、既に大勢の人が関わってプロジェクトが動いている以上意味がないのでここで言うのはやめておきます。

 制作への関わり方についてですが、漫画化やアニメ化やゲーム化の時とは違い、自分は実写映画に関してずぶの素人である上、そのジャンルの熱心な受け手というわけでもないため、今回は完全ノータッチの姿勢で、映画制作者の方々に全てお任せしています。
 自分の性格上、話を聞けば絶対に口を出したくなるため、編集部にお願いして進捗状況などについてもあえて耳に入れないようにしてきました。従って、脚本の内容やキャスティングについてもほとんど何も知りません。(編集部に確認したところ、現在ネット上で出回っているキャストについてはデマだそうです。)
 僕から唯一映画サイドの方にお伝えしたのは、「無理に小説の内容を再現するのではなく、独立した一本の実写映画作品として面白いものを作ってください」ということだけです。プロの映画制作者の方々の手腕に期待しています。

 ……長くなったのでまとめると、「どんな映画になるのか僕にもわかりません。読者の皆さんも、もし興味があれば観てみてくださいね」ということです。

 最後に一つだけお願いです。
 ツイッターなどで実写映画の制作中止を求める署名活動のようなものを見かけますが、たとえどれだけ気に入らないのだとしても、潰そうとするのではなく、単に無視していただくわけにはいかないでしょうか。これは実写映画に限らず、アニメでも漫画でもゲームでも、それらの元になった原作作品でさえ同じことです。
 気持ちに蓋はできないので、気に入らないものを無理に受け入れる必要はまったくありません。見たくないものを見る必要はないし、嫌いなものは嫌いなままでいいと思います。が、気に入らないものを力ずくで排除することの悪性を、僕は自分の作品の中で何度も書いてきたつもりです。このことは、読者の皆さんにきっと伝わってくれていると信じています。

 僕もライトノベルやアニメといった二次元メディアが大好きですので、実写化に不安がないと言えば嘘になりますが、僕としては、二年前の自分の決断を肯定するにしても否定するにしても、実際に完成した作品を観てからにしたいと思っています。


2013.5.2 小説『僕は友達が少ない』著者、平坂読